■コナン映画の予告映像


コナン映画の楽しみの1つでもある、本編放映後に流れるわずか10数秒の次回作の予告。

作品のストーリーテーマに合った映像とメインキャラの声によるナレーションがここ数年のお決まりパターンである。
例えば、2018年作の『ゼロの執行人』は、夜の日本列島が宇宙空間から映し出され、安室透の声で「3、2、1、ゼロ」というカウントダウンとともに一斉に日本列島に灯されている街の光が消える、というもの。

2019年の『紺青の拳(スフィト)』では、夜のマリーナベイサンズとキッドらしき人物の黒い影が映し出され、キッドの声で「またお会いしましょう、夜空に浮かぶ船の上で」というナレーションであった。

■2020年は赤井秀一


そして、今作の『紺青の拳(スフィト)』ラストにて流れた予告映像。

夜の満月が映し出され、さらに東京タワーらしき赤い鉄塔、そしてライフルのスコープを覗いている視点からのアングル。

赤井秀一の声で


「届け、遥か彼方」
筆者作

筆者作

こんな感じでスコープ越しの夜景が見えた

筆者、無事爆死。


そろそろ黒の組織関連がくるのではないかと思ってはいたものの、ついに重鎮が動き出した。


去年は推し3の安室透に抱かれ、今年は最推しのキッドを抱いて、来年は推し2の赤井さんに抱かれろというのか…

■東京タワーではなく、名古屋のテレビ塔?


赤く光るタワーだった気がするのだが、ほとんどの人が「東京タワーだ!!」と思った中、中には「名古屋のテレビ塔だ!!」と思った人も多いらしい。
東京タワー

東京タワー


もしかしたら、東京タワーではなく名古屋のテレビ塔の可能性もある。
名古屋のテレビ塔

名古屋のテレビ塔


なるほど、ぱっと見ではよくわからん、よく似たフォルム。

組織関連であれば、『異次元の狙撃手(スナイパー)』みたいに東都タワーのモデルである東京タワーが出てきそうな気もするが、ミステリートレイン編でジンたちが名古屋駅にいた事が過去にある為、無関係ではなさそうである。

それに、赤井さんがメインだからといって黒の組織も関係してくるとは限らない。


とにもかくにも、赤井さんの声が静かに鼓膜を揺さぶった瞬間、正気という概念が蒸発して筆者は10秒くらい天に召されていた為、肝心な記憶があやふやである。

雑魚っぷりに大変遺憾。

■赤井秀一とは


簡単に彼について振り返ろう。

名前をここに打ち込むだけでも、マジで恋する0.0001秒前って感じ。


歩美ちゃんは、「コナンくんが近くにいると心臓の音で1秒の感覚がわかる」と『天国へのカウントダウン』で言っていたが、筆者の場合は、“赤井秀一”という単語だけで0.0001秒の感覚が分かる病気だ。


さて、その病の原因である赤井さんだが、彼はFBI捜査官である。


黒の組織を暴くために、“諸星大”という名前で哀ちゃんの姉・宮野明美に近づき、組織に潜入。

“ライ”というコードネームで組織内で活躍し、幹部のジンのところまでたどり着いたツワモノ。

ただし、仲間のキャメル捜査官の凡ミスによってFBIであることが組織にバレてしまう。

その後は、コナンとタッグを組み組織との死闘を繰り広げ、途中色々あって「赤井秀一は死んだ」という“嘘の事実”を作り上げ“沖矢昴”として生きることに。

劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』で沖矢=赤井であることが原作よりも先に明かされる。

ちなみに、世良真純の兄である。

組織を倒すもう一つの銀の弾丸(シルバーブレッド)として描かれているため、組織にとっての最大の敵。

次回作では、組織が関連してくるのか…
それともゼロシコのように、組織は一切出てこずに単発の事件に関連してくるのか…

なんにせよ来年は、赤井さんのライフル煌めく赤井クラスタホイホイの一作となるに違いない。


生きねば。
 (8750)

関連する記事

関連するキーワード

著者