10 月 25 日(木)~11 月 3 日(土・祝)開催の第 31 回東京国際映画祭での湯浅政明(ゆあさまさあき)監督の特集上映にむけて、上映される作品のキャラクター達が1枚に凝縮されたメインビジュアルが完成、公開されました。
 (3054)

湯浅監督の監修により豪華なビジュアル

メインビジュアルには、湯浅監督作品から、昨年発表したオリジナル長編映画『夜明け告げるルーのうた』の“ルー”、第 41 回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した『夜は短し歩けよ乙女』の“先輩”と“黒髪の乙女”、2018 年 1 月に世界同時配信となった『DEVILMAN Crybaby』の“デビルマン”。

さらには『自選短編集 1992-2014』にて上映いたします作品の「ちびまる子ちゃん」や「クレヨンしんちゃん」といった国民的アニメのキャラクターまでもが一同に揃った、非常に豪華なビジュアル。

このイラストは湯浅監督の監修により、本企画のため特別に制作されたものとのこと。

湯浅政明(ゆあさまさあき)プロフィール

湯浅政明(ゆあさまさあき)

湯浅政明(ゆあさまさあき)

1965 年生まれ。『マインド・ゲーム』(04)で監督デビュー。2013 年に株式会社サイエンス SARU を設立。

以降、TV シリーズ「アドベンチャー・タイム」(14)でゲスト監督を務めアニー賞テレビ部門監督賞にノミネート。

昨年公開された『夜は短し歩けよ乙女』(17)では、日本アカデミー賞アニメーション部門最優秀賞を受賞。『夜明け告げるルーのうた』(17)は、アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門クリスタル賞など数々の賞に輝く。また 2018 年 1 月に Netflix にて世界同時配信となった『DEVILMAN Crybaby』(18)は国内外から多くの反響が寄せられており、その唯一無二の表現で世界中の人々を魅了している。

関連する記事

関連するキーワード

著者