■2.5次元沼へおいでませ、私


時を遡ること数ヶ月前。

自分の青春の一部、二部、三部、四部でもあるNARUTOを祝うべくして、NARUTO20周年記念『NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019』に足を運んだことが全ての始まり。


サスサクという最強公式NLを生み出し私の心のオアシスを長年潤してくれている(現在進行形)作品が20周年迎えたなんて、そんなの祝うしかないじゃないですか!?

だから行ってきたんです。
NARUTO20周年記念『NARUTO to BORU...

NARUTO20周年記念『NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019』

via 筆者撮影
そしたら、演目の中に2.5次元ミュージカル『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』のスペシャルステージというのがあったんですよ!


長年オタクをやってきて、好きなアニメのいろんな舞台化情報を目にしてきたけど、実際に見に行こうと思った事は一度もなかった私が、

『え、2.5次元見れちゃうの!?ヤッター☺️お試し体験だー☺️』

くらいの軽い気持ちで構えてたんですよ。


そしたら、なんかもう得も言われぬ迫力😭
なにあれ😭
本物ナルトだった😭
サスケって実在するんだ😭
サクラちゃん可愛いすぎるんだけど😭
イタチ、イタチじゃん😭

これが2.5次元の片鱗…?
え、私はこれを見ずにこの数十年間をのうのうと生きてたの…?


250%の充実度を手に入れてよりNARUTOライフを堪能できた人生を送っていたかもしれない。
今よりもっとNARUTOへの思い出が色濃く残っていたかもしれない。

後悔よりも今まで大損をしていた事にショックで、ステージの端から端を駆け巡りキレキレの殺陣シーンを繰り広げる七班たちの姿をただただ目で追うことしか出来なかったです。


この衝撃さたるや。


ナルボルライブ終わったあと、速攻で東京公演を購入しました。


■『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~』

TOKYO DOME CITYホール

TOKYO DOME CITYホール

via 筆者撮影

二ヶ月。
ナルボルライブでの衝撃が一切癒えることなく、二ヶ月。

楽しみすぎて頭どうにかなってしまいそうなほど待ち遠しかった…!
待ち続けた二ヶ月、本当に長かった…!

この前日、誰もいないオフィスで一人、くしゃみをして腰を痛めてしまって、『待って!ギックリ腰!?明日ナルステなんだけど(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!?』と絶望的でしたが、腰痛用のサポーターを装着してなんとか体制を立て直し行ってきました。

本当に歩けてよかった!
腰痛様サポーター発明した人にノーベル平和賞を差し上げたい。


この二ヶ月、舞台キャスト陣のツイッターを監s…チェックしていたので期待値は爆上げです。


個人的に、ナルステの凄いと思ったところは、再現度増し増しのキャスト陣営!!

どっからどうみても2次元から飛び出てきたかのような顔立ちと肉体美…


それだけじゃなかった😂!!


喋り方!声!


声優に寄せていて凄かったですよ本当に🙏😭

何も違和感がない、息をするように全員キャラになりきってて『私は二次元映画を見に来たのか?』と困惑するくらい。

大蛇丸なんてまんま大蛇丸🐍すごいキモい!




🍥ナルト…松岡広大くん

ブロマイド(ナルト)

ブロマイド(ナルト)

via 筆者撮影

ステージ登場した瞬間から『ナルトじゃん!!(当たり前)』の第一声が出てしまいました。

だって本当にナルトでした😂
落ち着きのない動きもバカ元気っぷりの明るさもまんま!
すごい😭
ナルトがいる〜〜!!!

でもサスケが里抜けした後の話だから、ちょっとかっこいいナルト。

友を、絶対に引き戻そうとする絶対に曲げない忍道抱えてるってばよ!みたいな熱さを、松岡くんが全力で演じているのが伝わってきて、もう歩いてる姿見るだけで胸がいっぱい…!

サスケを止められなくて自分の弱さに怒るナルトもサクラちゃ〜〜ん❤️ってなってるナルトも九尾にのまれて咆哮する姿も、その振り幅の表現力は声優の順子先生が演じるアニメのナルトがそのまま出てきたみたいでした。


2.5次元スゲェーッ!!✨


となった瞬間。

🍅サスケ…佐藤流司くん

ブロマイド(サスケ)

ブロマイド(サスケ)

via 筆者撮影

サスケ。

もうすっごいサスケ。

終始サスケだった。

🍅。


憎しみがピークの第二部うちはサスケ😭

佐藤くん演じるサスケの殺陣シーン、動くわ動くわ切るわ切るわであんな美しい殺陣見たことないです。
敵が何人いようともすべてなぎ払う、その隙の無い動きと圧倒的戦闘力が目の前で繰り広げられるのに心が追いつかなかったです!

ヤマト隊長に「その防ぎ方、失敗だったな」と言うシーンはマジモンのサスケェすぎて全身ゾワゾワしました…。

草薙の剣を腰の後ろに携えるスタイルも改めて見るとやはり超かっこよすぎる!

右手で手首の向きを変えずにスパッと抜刀!
そのまま片手で繰り出しながらの殺陣!

腰の後ろの鞘を左手で添えて、右手で刀を納刀!
あんな納刀しずらいスタイルなのに、綺麗にスッとしまえるのはさすがうちはサスケだな〜☺️って何度も食い入るように見てしまった…。

でも納刀に夢中になって油断して見入ってると、綺麗な胸板ッ!!がちょっとだけ露わになるんですよ、お衣装がね、お胸がちょっと開くんですよ、悩殺くらうから要注意です。ほんとに胸板綺麗です。

これからナルステ観劇しにいく人は、サスケの納刀は最優先事項で見てほしいです。


火遁も千鳥もプロジェクションマッピングを活用して表現される忍術。
サスケが今ここにいるって思い知らされるほど、佐藤くんの演技がアニメのサスケとリンクしててファ〜〜!!ってなりました。

原作・アニメ共に神回と評されるイタチとの戦いシーンは、もうダメ、やっぱり涙止まらなかったです。
劇場の端までつんざいたサスケの「クソがァアア!!!」は、幼い頃から抱えてきたイタチへの憎しみが暴発したもの。
殺しても殺せないイタチの圧倒的な強さに、怒りと焦りで乱れ冷静さを欠きながら焦燥するサスケの姿を見て『ああ、うちはサスケ役を担ったのが佐藤くんで本当によかった、人類に感謝を』と何度心の中で呟いたことか。
もはや声に出てたかもしれません😭

イタチの死からイタチの真実を知って、蛇から鷹へ代わり木の葉の里を襲撃する決意に至るまでの畳みかけは、原作を知っていても、涙は絶対流れてしまうものですね…。

第二部うちはサスケをこんなにも愛深く、憎しみ深く、大事に2.5次元化してくれていたなんて。
ありがとう以外の感謝の言葉を私に教えてください。


佐藤くんがサスケでサスケが佐藤くんでした。


🌸春野サクラ…伊藤優衣ちゃん

ブロマイド(サクラ)

ブロマイド(サクラ)

via 筆者撮影

か〜〜わ〜〜い〜〜い〜〜〜!!!

ナルボルライブ終わってツイート見た時からずっと『優衣ちゃんがサクラちゃんでサクラちゃんだ!』って思ってたんですけど、やっぱり優衣はサクラちゃんでした👏😭

二部のサクラちゃんってまだナルトやサスケと肩を並べられるほどの強さは全然持ってなくて、あどけなさが残ってて、それでもナルトと一緒にサスケを取り戻そうと最前線に身を投げ出す強い女の子。

医療忍者としての頭角はすでに出つつあって、この先、ヒロインとしての大きな役割を担っていくことを暗示させるある意味不安定な時期。
優衣ちゃんはうなずく動作1つとっても力強い動きを見せてくれてて、春野サクラそのまんまって感じでした…!

『シャァーンナロー💢』も濁声が客席中に轟いてて、も〜〜最高!!

二部は、サスケとの絡みがほぼ皆無なので深刻なサスサク不足ですが、この時期のサクラちゃんの頑張りがあったからオッサスはあんなに一途になるんだと思ってます☺️

カーテンコールの時に、せしる様演じる綱手様と肩組んで舞台袖に入っていったのが忘れられない、最高です、剛腕師弟コンビ可愛い好き💪😭


サスケが鷹になった後から、サクラちゃんの活躍も増えていくので、ぜひぜひペイン来襲編もやってくださいお願いします。

📗はたけカカシ…君沢ユウキさん

ブロマイド(はたけカカシ)

ブロマイド(はたけカカシ)

via 筆者撮影

カカシ先生。
はたけカカシ先生が呼吸してる、歩いてる、生きてる🙏😭

ゆる〜〜い言葉使いとかイントネーションとか、カカシ先生そのままで思考が一周回って「カカシ先生が君沢さんだったんだ」という解釈に着地しました。

七班を愛しナルトを信頼しサクラを可愛がりサスケを案じて、こいつらの為なら命を懸けちゃうカカシ先生がそこにいるって、そんなことがあって良いのかと頭抱えてました。

しかも最後にステージから降りて観客に挨拶する時、カカシ先生とサスケがハグして互いを称えていたのを見てしまって「なにあれ!?なにあれ!?」ってもうしんどい😭

思考追いつかないから考えるのをやめました😭
思考回路はショート寸前🤯


他にも、イタチやサイ、ヤマト隊長、綱手様、大蛇丸、暁メンバーなどなど、忍び世界を駆け巡った面々が素晴らしすぎるステージでした!

どうしたらあんなにベストな形で配役できるんでしょう…。

ステージの上で行き交じるみんなの様子を見るたびに、手足が痺れてました。

心も頭も身体も満たされた濃密な2時間。
これが1万円以下って安すぎます!


二部のナルトたちの物語、サスケの葛藤を密度高めに演じてくださった制作陣キャスト陣、すべてに大感謝と愛を送りたい。

天王洲の銀河劇場公演も当日券チャレンジをして、せめてあと一回は観劇したいと思ってます。



あと、公演パンフレット。
キャストインタビューはとくに読み応え抜群なので、手に入れて読むべきです!


『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜暁の調べ〜』、もしあるなら、その続きをまた公演してほしいですね(小声)
パンフレット

パンフレット

via 筆者撮影
パンフレット

パンフレット

via 筆者撮影

関連する記事

関連するキーワード

著者