2018年6月17日 更新

ネタバレあり【名探偵コナン】安室透に抱かれたい!?映画以外でも抱かれる方法

今回の記事は、100億の男を目指す彼・安室透にすでに抱かれた女性陣に送りたい。映画以外でも抱かれる為のあむぴ作品を一部紹介しようという、筆者の大きなお世話記事である。

まず最初に…


安室透にまだ抱かれていない女性陣は、早急に劇場へ足を運び、『ゼロの執行人』(ゼロシコ)を観ていただきたい。

もちろんゼロシコ以外でも、安室に抱かれるコンテンツがたくさんあるのだ。
今回は、スクリーン越しから抱かれた後もまだ安室透に抱かれ足りない、もっと安室透に抱かれたい、という女性陣たちにお届け。

ただし、コナン関連多少のネタバレもあるかもしれないので、要注意である。

公式スピンオフ『ゼロの日常-ティータイム-』

筆者私物

筆者私物


安室透( 降谷零 )の全てを知るには、ただいま絶賛連載中の名探偵コナン公式スピンオフ『ゼロの日常-ティータイム-』を読むことを強くおすすめする。


これは、見られないはずだった彼の普段の生活や思考回路を垣間見れる絶好の機会を300円で提供してもらえるシロモノ。

いや、“垣間”のレベルではもはやない。

彼と一緒に住んでます、レベルで見られる。

ガン見である。


記念すべきゼロティー連載スタートについてはこちらの記事を読んでいただきたい。
※ゼロティーのネタバレ含む為要注意である。

この1話目からかなり胸熱な描写が多かったので、些細なコマも見落としてはいけない。

ちなみに最新号では、ゼロシコのワンシーンを彷彿させる『イカれた降谷フェイス』が描かれているので要チェック。
RX-7の大活躍回だ。

『an・an』


もはや入手が困難かもしれないが、出来が良すぎる為ピックアップさせてもらおう。

筆者私物

筆者私物


女性雑誌an・an 2018年4月25日号である。

安室透特集が組まれるという事で、発売当日から売り切れ続出だった為、筆者も5店舗ほど本屋をはしごし、やっと手に入れたのだ。

 (2214)


目当てはこの描き下ろし。
安室透の腰がとてもエロい。
腕まくりに白手袋もすこぶるエロい。

これだけで白米10杯はいけようぞ。


彼の魅力についてはもちろん、『名探偵コナン』という作品についての要点をまとめている本誌。

特に、コナンシリーズを長年手がけた諏訪道彦プロデューサーのインタビューは必読!!


公式ファンブック

筆者私物

筆者私物


安室透、バーボン、降谷零の全てを網羅できる黄金の書籍。

こちらも発売日当日から在庫切れが多発し、重版されたほど。

それもそのはず…!

安室透の初登場から最新の活躍ストーリー、さらにゼロシコの見どころポイントまでかなり細かく書かれているのだから…!!!


これを読まずして“マジ安室の女2000%”にはなれまい。

ただし、ゼロシコの内容が詳しく書かれている為、映画を観ていない層はネタバレ要注意である。


29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最新話【ネタバレ・感想】名探偵コナン“ゼロの日常~ティータイム~”協力車マツダRX-7!!

最新話【ネタバレ・感想】名探偵コナン“ゼロの日常~ティータイム~”協力車マツダRX-7!!

6月27日に発売されたサンデーのゼロティー最新話ネタバレ壁打ち記事である。
<最新話ネタバレ・感想>【名探偵コナン】 “ゼロの日常~ティータイム~”ついに警察学校組が登場!!

<最新話ネタバレ・感想>【名探偵コナン】 “ゼロの日常~ティータイム~”ついに警察学校組が登場!!

サンデー6月20日発売30号のゼロティー最新話ネタバレ感想である。もはや記事という概念は無し。注意せよ。
【ネタバレ・感想】名探偵コナン公式スピンオフ『 ゼロの日常~ティータイム~ 』

【ネタバレ・感想】名探偵コナン公式スピンオフ『 ゼロの日常~ティータイム~ 』

ついに連載がスタートした名探偵コナン公式スピンオフ『 ゼロの日常~ティータイム~ 』、略してゼロティー。 これは、ゼロティーを読んでみての感想をただ壁打ちする記事である。
<ネタバレ>劇場版『名探偵コナン~ゼロの執行人~』を2倍楽しむ為の豆知識!!

<ネタバレ>劇場版『名探偵コナン~ゼロの執行人~』を2倍楽しむ為の豆知識!!

今期のMVP映画『ゼロの執行人』も、もう間も無く上映が終了する。今回は本作を2倍楽しむための小ネタ情報をご紹介!この知識を知っているのと知らないのとでは面白さが違うのだ。これを読んだら、最後の見納めに映画館へ行って来やがれください。
<ネタバレ注意>【名探偵コナン】“安室透=バーボン”が分かった後にコミック読み直すと面白い伏線

<ネタバレ注意>【名探偵コナン】“安室透=バーボン”が分かった後にコミック読み直すと面白い伏線

今では、バーボンの正体が安室透であることは当然の事実となっているが、バーボンの正体がまだ明かされていなかった時に貼られていた伏線やバーボン候補として上がっていた人物たちを改めて見てみると、その緻密な描写に舌を巻く。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

せもぽぬめ せもぽぬめ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く