Netflixでオリジナルアニメ「バキ」が配信決定

 (1636)

板垣恵介先生の代表作で、大人気格闘漫画としての地位を不動のものとしている「刃牙シリーズ」。本作では、範馬刃牙を中心に個性的なキャラクターが登場し、戦いを繰り広げています。今回は「バキ~最凶死刑囚編」を中心に放送されるようで、Netflixで2018年夏に国内配信されるオリジナルアニメです。

刃牙シリーズのアニメ化は最大トーナメント編以来!

刃牙シリーズがアニメ化されるのは、幼少期編と最大トーナメント編を描いた「グラップラー刃牙」以来となります。今回は「最凶死刑囚編」ということで、敗北を知るために世界中から集まった最凶最悪の死刑囚5人と、刃牙ら地下格闘技のファイターたちが激突するというものです。
 (1637)

注目は登場キャラクター達と最新のアニメ技術!?

本作で注目したいのは、まず最凶死刑囚編に登場するキャラクター達です。5人の死刑囚には、ドイル、ドリアン、シコルスキー、柳龍光、スペックが登場し、刃牙たちを苦しめます。迎え撃つのは、範馬刃牙を始め、烈海王、花山薫、渋川剛気、愚地独歩などが登場します。また、2018年ということもあり、最新のアニメ技術を持って作られる臨場感あふれる戦闘シーンにも注目ですね。

放送はNetflixにて2018年夏に配信開始!

気になる放送日程についてですが、まだ2018年夏に配信が蹴っていたという情報しかありません。テレビアニメではなくNetflixのオリジナルアニメということもあり、いつ配信されるのかは、予測はできませんが、アニメの放送クールから考えると7月ごろから配信が開始されるのではないでしょうか。Netflixのオリジナルアニメという大注目のコンテンツが2018年夏に配信されます。皆さんも見逃さないようにしましょうね。

まとめ

Netflixのオリジナルアニメとして配信される「バキ」。刃牙シリーズのファンであれば、絶対に見逃すことができないアニメが2018年夏に配信されます。超ド級の肉弾バトルを心行くまで楽しんでください!

関連する記事

関連するキーワード

著者