2018年6月9日 更新

【名探偵コナン】身内を殺されている登場人物キャラクターの紹介

コナン作品で活躍する主要キャラが増えてきた昨今、そんな登場キャラクター達の“過去”にスポットライトを当ててみたところ、みんな誰かしら身内を殺されているor事件に巻き込まれている悲しい過去を持っていた…しんどい…。

■佐藤美和子刑事

 (1459)


かっこよくて勇ましい、超絶憧れる敏腕女刑事といったらやはり佐藤刑事!
そんな彼女にも、大切な人を4人も亡くしている悲しい過去が…ほんとしんどい…。


・父:佐藤正義
佐藤刑事が幼少期に殉職している。
刑事であった父は、犯人を追いかける際、子供をかばって車にはねられるのだ。

・松田陣平
佐藤刑事が想いを寄せていた刑事。
連続爆弾犯の策略によって、佐藤刑事の目の前で殉職。


・小学校の体育の先生
・野球部の先輩
この2名は、名前も出ておらず、ストーリーもないので死因などの詳細は不明だが、作中で佐藤刑事が「大事な人はみんな私の前からいなくなっちゃう」として挙げている。

悲劇のヒロイン気質があるのでは??と思うほどの悲しい過去を持つ佐藤刑事…。


■灰原哀(宮野志保)

 (1460)


黒の組織のメンバー“シェリー”として薬を作っていた彼女こそ、悲運の極みだと筆者は思っている。
彼女の家族は、黒の組織に関わって亡くなっている。



・宮野明美
 (1469)

哀ちゃんの姉。
妹と自分を組織から抜けさせる為に、組織から要求された3億円強奪事件を見事成功させるも、ジン・とウォッカにはめられ射殺される。


・宮野厚司&宮野エレーナ
哀ちゃんの両親。
黒の組織の元で“何か”を研究していた研究者。
死因は、ピスコと哀ちゃん曰く「事故死」らしいが本当かどうかは不明。
哀ちゃんが幼少期に亡くなっている。

■赤井秀一

 (1461)


FBIの凄腕スナイパー。コードネーム“ライ”として黒の組織に潜入捜査をしていた。
赤井さんも、黒の組織関連で大切な人や家族を亡くしている。
切ない…うう…。

・宮野明美
哀ちゃんの姉。前述の通り、ジンたちに射殺される。元々は組織に入り込む為に、諸星大という偽名を使って付き合っていたが、後に本当に愛し合う仲に…。

・羽田浩司
赤井さんの兄。
7年前にアポトキシン4869を飲んだ被験者。何者かに殺されている。黒の組織と直接的な関係があったかどうかは、まだ明記されていないが、赤井さんが「俺をFBIに駆り立てた事件」として言っていることから、赤井さんにとってかなり大きな存在だったと思える。

・スコッチ(本名不明)
同じく黒の組織に潜入捜査していた仲間。
親密度的にはどこまでの仲だったかは不明。世良曰く、音楽仲間。
組織に正体がバレて自決しようとしていた彼を赤井は救おうとしていたが、最終的には自決してしまう…。


30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<ネタバレ>劇場版『名探偵コナン~ゼロの執行人~』を2倍楽しむ為の豆知識!!

<ネタバレ>劇場版『名探偵コナン~ゼロの執行人~』を2倍楽しむ為の豆知識!!

今期のMVP映画『ゼロの執行人』も、もう間も無く上映が終了する。今回は本作を2倍楽しむための小ネタ情報をご紹介!この知識を知っているのと知らないのとでは面白さが違うのだ。これを読んだら、最後の見納めに映画館へ行って来やがれください。
<ネタバレ注意>【名探偵コナン】“安室透=バーボン”が分かった後にコミック読み直すと面白い伏線

<ネタバレ注意>【名探偵コナン】“安室透=バーボン”が分かった後にコミック読み直すと面白い伏線

今では、バーボンの正体が安室透であることは当然の事実となっているが、バーボンの正体がまだ明かされていなかった時に貼られていた伏線やバーボン候補として上がっていた人物たちを改めて見てみると、その緻密な描写に舌を巻く。
【名探偵コナン】スコッチの本名がついに解禁!?(ネタバレ注意)

【名探偵コナン】スコッチの本名がついに解禁!?(ネタバレ注意)

安室透が赤井秀一を恨む一番の要因となるのが“スコッチ”の存在。 彼は一体何者なのか…。ついに青山先生がスコッチの本名を明かした!?
<ネタバレ・考察>【名探偵コナン】黒の組織のナンバー2“ラム”の正体はあの人??

<ネタバレ・考察>【名探偵コナン】黒の組織のナンバー2“ラム”の正体はあの人??

作中に描かれるある法則から、組織のナンバーツー“RUM(ラム)”の正体を考察してみた。
【コナンファン必見!!】青山剛昌先生も来店した日本酒専門のお店!~恵比寿~

【コナンファン必見!!】青山剛昌先生も来店した日本酒専門のお店!~恵比寿~

先日、筆者はコナン仲間と恵比寿のとあるお店に行って来た。名探偵コナンの原作者である青山剛昌先生も来店した日本酒専門店の居酒屋である。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

せもぽぬめ せもぽぬめ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く