■日本国民の8割は知っている“高校生探偵”

筆者作

筆者作


最初に言っておくが、中タイトルにある“8割”という数字は、根拠もクソも全くない数字である。

そういう割合的な数字があるとそれっぽい記事になるから入れてみただけだ。


とはいえ、本当に10人に「高校生探偵といえば?」と聞けば、8人くらいは彼の名前を答えるだろうと思えるくらいに、『名探偵コナン』はもはや国民的アニメ・漫画作品である。

さてさて、そんな作品の主人公である“彼”の紹介を今回はサブカル部せもぽぬめ流で紹介していこうと思う。

■工藤新一とは


工藤新一(くどう しんいち)。

『名探偵コナン』作品の主人公。

帝丹高校という架空の学校に通う高校2年生。

そして、雄だ。


容姿については、どうやら「かっこいい」「イケメン」として成立しているらしく、女の子から大量のラブレターをもらったり、めっちゃモテる年上の女先輩から告白されたり、まぁまぁ…いや、かなりモテる。


■工藤君の憧れの人


工藤君は、父親の影響もあってか、小さい頃からずっと憧れている人物がいる。

それが、

シャーロック・ホームズ


ホームズに憧れて推理小説を読み漁っていた為やたら頭がキレる。

水につけた新鮮なキャベツのごとくキレッキレのシャッキシャキ。

さらには、シャーロック・ホームズのように文武両道を目指し、サッカーを始め、どんな才能が備えられていたのか知らんがエース級の腕前に。
紺青の拳

紺青の拳

コナンになってからは、人間の域を超越した。

劇場版「紺青の拳(スフィト)」では、この距離で正確に打ち込むレベルである。
筆者からしたら「もはや余裕のホームズ超え」である。

ちなみに、英語はペラペラ。
だが学力については、明確に記載されていない。
例えば、「某少年の事件簿」主人公はIQ180の持ち主として描かれており、高校の入試もトップクラスの成績で合格だという。
某少年

某少年

しかし、普段の成績は赤点ギリギリカス野郎で「本気出せばできるのに本気出さない」タイプの成績だあることが伺がえる。
工藤君に関しては、偏差値についての言及は特に無く、赤点が〜〜とか勉強が〜〜などの話はほとんど出ない。

作中では英語をペラついていたり、いらん無駄知識を持っていたり、難しい計算式もスラスラと解いたりするシーンがあることから相当の偏差値の持ち主であることには違いないし、IQもめちゃめちゃ高いはず。

イケメンで頭も良くてサッカーもできればそりゃモテモテのモテ男だわな。

チート主人公認定。
とはいえ、憧れているってだけで自分をここまでシャーロックに寄せた人格を形成させるのにはヤバみを感じる。

■工藤君の将来の夢


さぁ、そんなシャーロキアンを極める工藤君の将来の夢は

「平成のシャーロック・ホームズになる」こと

「ボク、将来は仮面ライダーになる!」

のような、自分が生きる世界の汚れをまだ知らないショタが言うそれと同じレベルだと思うなかれ。

工藤君は、高校2年生だ。

いいか、高校2年生だ。

善悪の区別もつく健全な高校2年生、17歳だ。

そんな彼が「平成のシャーロック・ホームズになる」と声を大にして言っているのだから、なれる確信が彼の中にあり、将来はそれで食っていこうと思っているに違いないのだ。

実際に事件を解決しているし、なんかもう、色々…あれじゃん…?
そんな中で現実世界では、平成が終わり新元号“令和”となるので工藤君は今後

「令和のシャーロック・ホームズ」

となるわけだが。

原作者の青山剛昌先生もキャンペーンにしちゃうほどノリノリである。
抽選で1名に当たる新元号サイン色紙

抽選で1名に当たる新元号サイン色紙


wwwどこぞの海賊王だよwwww



■工藤君の恋愛事情


死ぬほどシャーロキアンガチ勢な工藤君。

シャーロック・ホームズ以外に夢中になれるものがあるのかどうか心配だし、そんだけオタクやってたら、いくらイケメンでも「リア充爆発しろ」的な残念系に成り果てているのではなかろうかと思う。


が、そんなのは余計なお世話。

工藤君は、とんでもねぇリア充であった。


なんてったって、顔面偏差値上流階級、高校生離れしたプロポーションの持ち主、溢れる母性、そして絶対殺すマンなパワー(物理)を兼ね揃えた超絶ヒロイン属性の幼馴染を手にしているからである。

本作のヒロイン・毛利蘭。

彼女こそ、工藤君の恋人。

(現実世界において)連載スタートから20年以上の時を経て、めでたくカップルになったお二人。

運命のいたずらか、シャーロック・ホームズが生まれた街、ロンドンのビッグベンを背景に蘭に一世一代の大勝負イベント

“愛の告白”

を仕掛け、見事ハートキャッチプリキュア♡

とはいえ、蘭からの返答は先延ばしとなり、新一の告白回からなんと(現実世界で)7数年後に掲載された修学旅行編までお預けとなっていた。
 (9645)


付き合うとなった時の工藤(コナン)君の喜びようはこれ。
ここにたどり着くまて(現実正解で)7年は長すぎwwww



幸せになれ、高校生探偵よ。

■工藤君の親子事情


ガチ勢シャーロキアン工藤君。

ある意味こじらせてしまった要因は一体どこにあるのか。

親の顔を見てみたい。



ならば、見てみようではないか!!

父親:工藤優作

イケオジ!!!
父子そっくりじゃねーか!!


母親:工藤有希子

ゲロカワ!!!
クッソ可愛いオカンじゃねーか!!つーか若ッ

と、それぞれリアクションをいただいたかと存じますが、

工藤ファミリーについては、工藤邸の屋敷と合わせて過去に筆者が記事にしているのでぜひこちらを読んでみてほしい。

■本作における工藤君


さて、本作の主人公として紹介してきた工藤君だが、厳密にいえば主人公ではない。

というのも、登場回数が圧倒的に少ない彼は、丸々1年以上も登場しないこともしばしば。


なぜなら彼は原作コミック第1巻の序盤で、“工藤新一”としては一時退場するからだ。

作中のメインの敵となる“黒ずくめの組織”に飲まされた毒薬「APTX4869(アポトキシン)」によって身体が縮み、正体を隠すために“江戸川コナン”として生きることになったからである。

工藤新一としての活躍よりは、江戸川コナンとして動くことがメインだが、工藤君があってこその江戸川君の存在であると筆者的には思う。

劇場版では、回想シーンのみの登場ではあるものの工藤君のキザでかっこいいシーンや名セリフが必ず描かれるのでそこは要チェックである。

と、いうことで工藤新一を今後も何卒よろしく願いたい。



▼工藤新一関連の記事はこちら

関連する記事

関連するキーワード

著者