未来のミライとは?

細田守監督の新作、未来のミライは2018年7月20日(金)に公開する劇場アニメ作品です。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃんに、生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、
未来からやってきた妹・ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、
そして青年時代の曾祖父との不思議な出会い。
そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――

それは、時をこえるボクと家族の未来の物語。
くんちゃんとミライちゃんについて

・主人公は4歳児のくんちゃん、両親の愛をたっぷり受けて育った
・妹のミライちゃんが出来てから両親は子育てに忙しい、寂しい
・妹のミライを名乗る女の子に時間旅行に連れ出される

これが今わかる最大限の情報ですぅ…

話が唐突すぎてわけわからん状態でウミガメのスープもびっくりの展開ですが、
デウス・エクス・マキナ的なんでもありのロジック完全無視を細田守監督がするわけがない。

くんちゃんは何故くんちゃんなのか?

くんちゃん

くんちゃん

哲学じゃないです。

ミライちゃんという名前はちゃんと名前の体を保っていますが、
くんちゃんは名前じゃない(真顔)

これは勘ですが、恐らく、くんちゃんの本名が物語に深く関係してくるのでは?
そしてそれが明かされるのは物語の真相に迫った中盤から後半にかけてになるのではないでしょうか?

ミライちゃんとの時間旅行は様々な愛の形を知る旅

ミライちゃんとの時間旅行

ミライちゃんとの時間旅行

ミライちゃんとの旅のざっくりとした過程は、公式サイトのストーリーにこのように綴られています。
待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、
そして青年時代の曾祖父との不思議な出会い。
そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――
むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、
そして青年時代の曽祖父との不思議な出会い。

時間旅行の中で出会う人はいずれも血筋の方のようですね。

くんちゃんに親族の様子を見せて一体何をしたいんだミライちゃん!

ちなみに僕が考えた話の筋は2つあります。
①くんちゃん未来で悪人になった説
②くんちゃん未来で死亡した説

くんちゃん未来で悪人説は、立て籠もり犯に警察が拡声器で
「親御さんも泣いてるぞ!」
って精神攻撃するアレと同じ理論です。

くんちゃん未来で死亡した説は、自ら命を絶ってしまったくんちゃんに
「あんたはこんなにも色んな繋がりの中から生まれたんやで」
って説得するためかなと考えたからです。

あっ、そういえば、
むかし王子だった謎の男だけ全く血筋とは関係ありませんね…

この謎の男が物語にどう絡んでくるかわかりませんが、
映画本編では注意深くチェックしておいたほうが良さそうですね…!

まとめ

未来のミライ

未来のミライ

穴が空くくらい公式サイトを観ましたとか言った割には
浅すぎてそこが丸見えの考察で
まさに穴があったら入りたいまとめになりましたが

これはあえてです

あえて浅い考察をすることで
皆さんのきっと世に出ることはない内に秘めた考察を
より深めるためのエッセンスがこのまとめだったのです!!!!

まぁ嘘なんですけどね。

そんなことより公式サイトにはこんなメッセージもありましたよ。
家一軒と庭ひとつ。
どこにでもあるたったひとつの家族を通して、
生命の大きな循環、人の生が織り成す巨大なループを描き出したい。
最小のモチーフを用いて、最大のテーマを語り切りたい。
エンターテインメントの作法を用いて、
新しい家族のための、新しい表現を拓きたい。
一見穏やかに見えて、
実は、大いなる野心を秘めた作品なのです。

細田守
人の生が織りなす巨大なループを描き出したい…だって…?

まさかこれは神をも否定する3番目の考察…

くんちゃんが未来で一族の悲願達成させちゃう説…

なるほど、これがシュタインズゲートの選択か…

続報は、公式サイトに穴を開けて待て!!!

関連する記事

関連するキーワード

著者