細田守という男

1967年9月19日生まれ、富山県出身。
金沢美術工芸大を卒業後、実はスタジオジブリの
就職試験を受けているんです。

後に2000年には「ハウルの動く城」の制作に携わっていました。

97年に「ゲゲゲのきたろう」で演出作家デビューして,
2000年「劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」
を監督し一気に注目を集めていきました。

実は細田守監督、「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」
の監督も務めていたんですね。


幅広くアニメ業界での好業績から
細田作品という形が形成されていくんですね。

細田監督のココがスゴイ

細田監督のオリジナリティーの
あるユニークな作品が生まれた訳が分かります!なぜなら

■取材の量が凄まじく膨大な資料の中から作られているということ。
■打ち合わせにはご飯の時間も含め12時間も用いられてことがあったということ。
■自分のプライベートな日常や生活から物語を発想し雑談や打ち合わせの中でエピソードをためていく。


入念に何度も何度も考えている人だからこそ、

センチメンタルな雰囲気で独特な世界感なのに

現実味のある作品が作られているのです。

実はココとつながっていた!?

もともとは学生時代に『カリオストロの城』
を観て感銘を受けたことからジブリに入りたいと思っていたのです。
また『銀河鉄道999』にも衝撃を受けていました。


細田監督、実は『涼宮ハルヒ』シリーズの
監督のオファーがあったというのです!
さらにアニメーション演出として
『るろうに剣心ー明治剣客狼漫譚』を担当しました。


さらにさらに『ドラゴンボールZ』や『スラムダンク』
『幽☆遊☆白書』『美少女戦士セーラームーン』の原画にも
参加していたというのですから驚きですよね。



細田守 is GOD

細田守という神がとんでもなく幅広く活躍していた人で知識家で
映画作品は日常生活とのすり合わせや実体験によって
一生懸命考えられた作品だということが伝わったら幸いです。


皆さんが小さい頃から馴染みのある作品にも
細田さんの手が加えられていたかもしれませんよね。


いろんな作品に携わって来たから出せる技術なのかもしれません。
『未来のミライ』も楽しみです!

関連する記事

関連するキーワード

著者