2018年5月31日 更新

立てよ国民!今こそ惑星のさみだれをアニメ化するときじゃないのか!

諸君、言いたいことはわかっている。最近心にドンッ!と響くような熱いアニメってないなと思っているんじゃないかね?まさしくそのとおりでクールで最強で努力はするけど潜在能力があるからいつかは強くなる安心感のあるものばかりだ。そんな時代にこそアニメ化するべき作品です。

惑星のさみだれとは?

惑星のさみだれ 3 (ヤングキングコミックス) | 水上 悟志 |本 | 通販 | Amazon (665)

惑星のさみだれは2005年6月から2010年10月にかけて連載された漫画です。

惑星のさみだれは
ほしのさみだれと読みます。
主人公の雨宮夕日は、ある朝、言葉を喋るトカゲから世界を救う騎士の1人として選ばれたことを告げられる。

最初は無関心な夕日だったが、敵である魔法使いが生み出した泥人形の襲撃を受ける。

死を覚悟したその時、守るべき姫である朝日奈さみだれに救われ、更に常人ならざるさみだれの気概に触れたことで彼女に忠誠を誓う。

ここにひとつの主従が生まれ、この時から夕日の戦いが始まった。
あらすじを載せましたが、あらすじを読んだところで

「うぉおおお!これはマジ読まなきゃハドソン!」

ってなるものなんて本当に稀です。

そしてこの漫画の凄いところは、名言量産漫画なのです。

前後の文脈を理解しなくても最高に心に響く惑星のさみだれの名言をご紹介します。

このまとめを読んだあと、みなさんは気になって気になってAmazonで全巻まとめ買いして各アニメ制作会社にアニメ化希望の署名運動をしたくなること間違いなしでしょう。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【すのはら荘の管理人】今話題のカップリング、『おねショタ』とは?

【すのはら荘の管理人】今話題のカップリング、『おねショタ』とは?

今年の7月からアニメ化される『すのはら荘の管理人さん』。一見いつものハーレムアニメかなぁと思いますが、少しいつもとテイストが違うんです。今回はそんな『すのはら荘の管理人さん』のテーマ『おねショタ』について見ていきます。
よい人生を送るために耳をすませばをすすめる理由

よい人生を送るために耳をすませばをすすめる理由

映画、「耳をすませば」には数多くの名場面や名シーン、名言があり、人生のヒントが散りばめられています。見たことのない人は絶対に見てほしい作品です。仕事に恋愛に悩んでいる方は絶対見た方がいいですよ。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

たわわ たわわ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く