2018年6月1日 更新

新選組の活動軌跡をたどる京都旅

薄桜鬼、銀魂、PEACEMAKER鐵… 二次元の世界には、新選組をモチーフにした魅力的なキャラクターがたくさんいますよね! 今回は、新選組が実際の京都で活躍した場所や屯所跡など、激動の幕末を駆け抜けた新選組の活動軌跡をたどる京都の旅へとご案内します。

新選組のはじまり

幕末日本の象徴的な存在として、今もなお語り継がれる新選組。
もともとは、将軍・徳川家茂の上洛に際して、将軍警護の名目で募集された浪士たちでした。
PEACE MAKER 鐵

PEACE MAKER 鐵

2018.6.2より劇場アニメ前篇「想道」公開
文久3年(1863年)、江戸から京都へやって来た近藤ら一行は、京都守護職・松平容保から不逞浪士の取り締まりや市中警備を任され、新選組の前身にあたる壬生浪士組を名乗っていました。

同年8月、八月十八日の政変の警備に出動し、その働きを評価された壬生浪士組は、新たな隊名「新選組」を拝命。
ここに私たちの良く知る新選組が誕生したのです!!
※隊名は武家伝奏から賜ったという説と、松平容保から賜ったという2つの説があります。

八木邸

新選組の最初の屯所である八木邸。
八木邸を語る上で最も重要なのは、近藤を頂点とする試衛館派が、芹沢鴨、平山五郎ら水戸派を暗殺し、近藤を局長とする形態に整備したということです。
 (323)

八木邸の奥座敷には芹沢暗殺の際につけられた刀傷が今でも残っていて、入場すれば実際に間近で見ることができます。

旧前川邸

池田屋事件の端緒となった古高俊太郎への拷問が前川邸の蔵で行われたり、山南敬助が恋人・明里と格子戸越しに最期の別れを交わした後、切腹したりと、旧前川邸でも数々の事件が起こりました。
 (329)

現在は個人の所有となっているため内部は非公開ですが、毎年3月には山南忌が開催され、山南が切腹した部屋も公開されます。
また、土日祝日(AM10:00~PM5:00)のみ、当時隊士たちが行き来し、雨の日には剣術の練習にも使われていたという土間にて、旧前川邸オリジナルグッズや新選組に関するグッズが販売されています。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年は劇場版『PEACE MAKER 鐵』がアツい!!

2018年は劇場版『PEACE MAKER 鐵』がアツい!!

連載開始から多くのファンを虜にしてきたPEACE MAKER 鐵。TVアニメ、TVドラマ、舞台、ドラマCDなど様々なメディア展開を見せてきましたが、2018年ついに前篇・後篇の2部作で劇場版アニメが公開です!今回は、公開記念の一挙放送やコラボ情報などをお届け☆
京騒戯画の舞台・高山寺に行ってみた

京騒戯画の舞台・高山寺に行ってみた

高山寺をはじめ、鞍馬寺、源光庵など、実在する神社仏閣をモデルに描かれた京騒戯画の世界。劇中カットの回収は他サイト様でもお見かけするので、今回は一家の住居のモデルになった高山寺に焦点を絞り、実在の明恵上人や、お寺のご由緒、拝観時の見どころなどをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

小鳥遊エリ 小鳥遊エリ

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く