三ヶ日の一言

こんばんは。三ヶ日です。
皆さん、女性は好きですか?答えは聞くまでもありません。
今回は神回です。是非ブックマークを。

七瀬美雪とは

 (703)

私立不動高校2年。ミステリー研究会部長・演劇部所属。

主人公の金田一一とは幼馴染の容姿端麗、成績優秀の人物だが・・・
今回は色々と細かいプロフィールもあるが諸々置いといて伝えておこう。

身長160cm、体重48kg。
血液型A型

スリーサイズはB88・W58・H89(なんて言うか…ありがとう)

企画のルール設定

今回はただただ、画像(漫画だよ)を集めてみただけだが、それでは面白くないので
サブカル部編集員に聞いた、『実際にこんな場面に出会ったら、いくら払ってもいい?』のアンケートも一緒に載せておきます。勘違いしないで欲しいのは、今回はあくまでアンケートであり妄想であり、フィクションであり、そう!つまり、男のロマンなだけだ。
エロではない。ロマンだ。

それでは、早速スタートっ!!!!!!!!!

ありがとう、美雪1

 (708)

日常にありそうで無さそうな、1枚。

ちなみに漫画のセリフから読み取る、色は薄むらさきということだ。

どうだろうか、男性諸君。
薄めで遠くに見るように、じぃっ〜〜〜〜と見てみたら色付いて見えないだろうか!?

薄むらさきに見えた、あなたは想像力が豊かではない。きっと身体のどこかに支障きたしている。

どうだろう。週末に旅行に行ってみては。

サブカル部査定額:¥2,000

ありがとう、美雪2

 (710)

次の1枚はこちら。

一見、普通に見えるが今回大事なのは『脱いでる』とこではなく逆に『着ている』というポイントが
非常に男性心をくすぐられるではないか!?

金田一の事件には、常に逆転の発想が求められる、この逆転はまたロマンだ。

サブカル部査定額:¥5,000

ありがとう、美雪3

 (711)

次の1枚。

そう。まさに、デンジャラスだ。

これから起きる事件より(異人館村殺人事件)よりもデンジャラスだ。

そうだ。美雪は、いつだってデンジャラスだ。

サブカル部査定額:¥3,500(デンジャラス込み)

ありがとう、美雪4

 (713)

次の1枚。

荒々しく、そして大胆に。

ロマンとは、まさにこうゆう事なんではないだろうか。

サブカル部査定額:¥13,000(ビリッのオプション込み)

ありがとう、美雪5

 (714)

次の1枚。

頭はしっかり包帯でガードしてるのに、上半身はほぼノーガード。

プロボクサーだって、こんなノーガードで闘うことなんで、滅多にない。

ジーザスだ。

サブカル部査定額:¥15,000

ありがとう、美雪6

 (715)

次の1枚。

このTHE90年代の漫画らしく、覗く→お湯をかけられるのコンボ

そうだ。お湯代込みの査定を出そう。

サブカル部査定額:¥7,000(お湯込み)

ありがとう、美雪7

 (716)

風呂上がりの美雪だ。

着替えることより、美雪の意識をテレビに集中させた21面相に我々は頭が上がらない。

サブカル部査定額:¥8,000(21面相への謝礼含む)

ありがとう、美雪8

 (717)

そうだ。
僕らは、いつだってこんな事故を待ち望んでるんだ。

サブカル部査定額:¥30,000

ありがとう、美雪9

 (719)

このパターンを見飽きたと思う人は、凄く贅沢者だ。
いつだって感謝の気持ちは忘れちゃいけない。

サブカル部査定額:¥4,000

ありがとう、美雪10

 (720)

20代後半以降ぐらいになると、逆にこうゆう美雪の方が

エ・・・ロマンを感じるではないだろうか

サブカル部査定額:¥50,000(ジュース代込み)

ありがとう、美雪11

 (722)

UFOは未知の存在だが、やはり人間にとって果てしないロマンだ。

まさに、こんな近くにUFO発着基地があるなんて。最高のロマンだ。

サブカル部査定額:¥12,000

関連する記事

関連するキーワード

著者