モブ名言 第4位 マイロ (月山家の家臣)

銅体・無用!!                      東京喰種re5巻より引用

 はい、まずはマイロですね。月山家の家臣として、他のモブキャラとは一線を画する存在です。
 彼は執事の松前(こっちはモブじゃない)と共に東京喰種切っての変態捜査官キジマとハイルと戦闘するのですが、その身を捨てて、ハイルに一撃食らわせるんですねえ。

 ここでマイロが身を投げてハイルを殺してなければ、東京喰種の展開も大きく変わってきたでしょう。かれはモブにして、漫画の未来(特に宇井の)を変えたのでした! よくやった!

モブ名言 第3位 ガギ&グゲ (白スーツ)

アニギをバボレエ‼                 東京喰種re3巻より引用

頑張れガギグゲ!

頑張れガギグゲ!

 続いて、白スーツナキの部下、ガギとグゲですね。彼らはモブキャラに相応しく、ほとんどガギとグゲしか喋れません。しかし、その生命が尽きようというその時、彼らは奮起して叫びます。

 自らの兄貴であるナキを守る為に、彼らは身を投げ出したのです。この時、なんかじいんときました。東京喰種の中でも、特によく分からないモブの彼らでしたが、最後の最後に見せ場を残して消えました。

 東京喰種のモブ史に残る、感動シーンでもありますね。

モブ名言 第2位 オカヒラ (元・捜査官)

希望は・・・・・・たしかに必要です しかし—死者は生き返りませんよ。 

                         東京喰種re12巻より引用

蘇るオカヒラ

蘇るオカヒラ

そしてこちらが、オカヒラです。皆さん覚えていますか、オカヒラ。最近ではよく目立ちますが、彼はまだ生きているのでしょうか。謎です。東京喰種において、「モブ」「露出狂」「悟りを開いた」などとモブに相応しくない成長を遂げていますが、この程度で騒がれてしまう、というのがモブたる所以でしょう。

 古多に身代わりにされ、嘉納の実験体にされ、散々な目に合っている彼だからこそ、悟っちゃったんでしょうね。悟りを開いたモブ、オカヒラでした。

モブ名言 第1位 阿藤大介 準特等

経験さえ積めば、神にも悪魔にも見向きされない凡人でも— ・・・そこそこ、モノになるものです。

                          東京喰種re 3巻より引用

名言後の阿藤準特等

名言後の阿藤準特等

そして、最後、堂々の一位を飾るのは、東京喰種随一の努力家モブ、阿藤準特等です!

 きっと覚えてる人も少ないんじゃないでしょうか。東京喰種reの序盤で登場した捜査官です。この名言を吐いた後、上の図にもあるように滝澤に瞬殺されてしまいます。

 でも、これ、カッコいいですよね。ねっ! ナイスモブです。

おわりに

今回、4つしか東京喰種reのモブの名言として挙げられなかったのは、4つしか見つからなかったからです。それもまた、モブたる所以でしょう。

皆さんも、心にモブの名言を温めてみてください。東京喰種も、それ以外の漫画も、きっともっと面白くなりますよ。

関連する記事

関連するキーワード

著者