① 多田光良とテレサ・ワーグナー

この2人は本作の主人公とヒロインでもあります。この2人の恋を中心に物語が進んでいくのですが、この両者には、まだまだ決定打となるような出来事が訪れてはいません。お互いに徐々に惹かれあっている感じはあるのですが、まだまだお互いに相手の気持ちを知ることはなさそうです。また、テレサに関しては、本国に戻ったらシャルルと結婚する予定でもあり、ふつうにみれば叶わぬ恋といえるでしょう。今後、この2人が互いに気持ちを打ち明ける時が来るのか、それとも友達のまま終わってしまうのか注目ですね。
 (2341)

② 杉本 一と長谷川 日向子

 (2342)

この2人もこの作品に登場する恋の一つとして重要な登場人物となっています。日向子は普段は控えめな高校生なのですが、実はグラビアアイドルの「HINA」としてひそかに活動しています。そして、杉本はHINAの大ファンなのですが、その正体が日向子だとは気づいていません。この2人は幼少期からの知り合いで、日向子が犬に吼えられたところを杉本が助けたことをきっかけに、日向子は杉本に好意を持つようになるのですが、すれ違いなども多く、こちらの恋も中々進展しません。

③ 多田 ゆい と 山下 研太郎

 (2340)

多田光良の妹・多田ゆいは、写真部1年の山下に片想いをしています。ゆい自身はひそかに思いを寄せているつもりなのですが、山下以外の周囲にはその気持ちを隠せてはいません。一方で山下の方は、美容院の店員・千明のことを「ちあ姉」と呼び、好意を寄せています。この片想いが作り出す三角関係が今後どうなるのか見ものですね。

④ニャンコビック と チェリー

 (2343)

多田恋で恋をするのは何も人間だけではありません。多田家の愛猫・ニャンコビックも近所の美容院に住むチェリーに片想いをしています。しかし、ニャンコビックはチェリーに全く相手にされていません。ニャンコビックにとっては高嶺の花とも思える恋ですが、この猫の恋模様にも注目ですね。

関連する記事

関連するキーワード

著者